HOME > 要支援1~2認定の方

要支援1、2と認定された方は、介護保険の介護予防サービスを利用することになります。利用のための介護予防サービス計画の作成などは、地域包括支援センターが中心となって行います。
手続の流れは以下のとおりです。

要支援1、2と認定

arrow_to_right.gif

地域包括支援センターと契約し、介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)の作成を依頼

arrow_to_right.gif
介護予防サービス計画の作成

  1. ケアマネジャーから、サービス利用の原案が利用者に提示されます。
  2. ケアマネジャーが連絡・調整して、利用者・家族とサービス事業者とが話し合い、原案について検討します。
  3. サービスの種類や利用回数などを記載した介護予防サービス計画を作成、利用者の同意を得ます。
  • ※介護予防サービス計画の作成には利用者負担がありません。

arrow_to_right.gif
介護予防サービス事業者と契約

  • 介護予防訪問介護や介護予防通介護などを行うサービス事業者と契約します。

arrow_to_right.gif

介護予防サービスを利用
介護予防サービス計画にもとづいて、サービスの利用を開始します。



 保健師等、社会福祉士、主任ケアマネージャーなどが中心になって、介護予防に関するケアマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援を行います。
 

LinkIconあなたのお住まいの地域の地域包括支援センター連絡先